上田デザインコラボのブログ

ハウスメーカー・工務店の選び方7


皆さん、こんにちは~!(^^)!
間取り先生で~す(≧▽≦)

以下のような工務店があるので、注意してくださいね。

◎少しでも儲けようとする

たとえば、他の方法をすれば、安く済むのに、それをせず、
業者が儲かる方法で対応する業者があります。

たとえば、施主が「引っ越し荷物を捨てたいので、有償でいいので、お願いできますか?」と言った場合、
親切な業者なら、以下のようにするでしょう。

「施主様が自分の名前で、市のごみ捨て場に持ち込む場合は、無料になります。
うちのスタッフを一人、トラックを運転させて、ごみの積みこみをさせます。
施主様は、積み込みの指示と、ごみ捨て場までの同行をしてくだされば、
半日ほどの時間をいただきますが、ごみの処分代は無料になります。
ただ、うちのスタッフとトラックの費用として、3万円ほど頂けると助かります」。
などという対応をしてくれます。これなら3万円と半日の作業で済みます。

しかし、儲けに走る業者は、産廃業者に任せて、ピンハネをします。
産廃業者にやらせると、例えば8万円だったとします。 そこに例えば5万円ほどの利益を載せて、13万円を施主に請求するのです。
親切な業者なら3万円+半日で済むのに、儲け業者だと、13万円にもなってしまうのです。

なお、こういう業者は、信用・口コミでは仕事をとれないので、新規顧客に全力を注ぎます。
そのため、契約まではとても感じ良く接客するので、多くの施主は騙されて契約してしまうのです。

皆さんは、失敗しないように、慎重に、素晴らしい業者さんを選んでくださいね~!(^^)!

ハウスメーカー・工務店の選び方6


皆さん、こんにちは~!(^^)!
間取り先生で~す(≧▽≦)

以下のような工務店があるので、注意してくださいね。

◎不当請求する(2)

たとえば、施工中に何かを変更をすることがあります。
そこを悪用する工務店がいます。
施主が何かを変更したら、以下のようなことをして、不当に儲けようとするのです。

たとえば、Aという施工をやめ、Bという施工に変更したとします。
この正しい清算方法は、Aを減額しBを増額することです。
しかし、こういう工務店は、Aを減額せずBの増額だけを請求してくるのです。
多くの施主は、施工費の相場など分からないため、多くの施主がたいして確かめもせず払ってしまいます。
かりに、金額に不満を持ったとしても、払わないといけないような心理になります。
なぜなら、払わなければ、工事をストップされる可能性があるからです。

なお、施主が弁護士や議員であるなど、強力な知識・力をもっている場合は、
金額を指摘された場合のみ、「ああ、間違っていました」とあやまり、
正しい請求を、やっとしてきます。(指摘されなければ、そのままです)
しかし、大半の施主は、知識・力をもっていないので、泣き寝入りすることになり、
そして、そういう工務店はそうなることを知っているので、上記をするのです。

なお、こういう業者は、信用・口コミでは仕事をとれないので、新規顧客に全力を注ぎます。
そのため、契約まではとても感じ良く接客するので、多くの施主は騙されて契約してしまうのです。

皆さんは、失敗しないように、慎重に、素晴らしい業者さんを選んでくださいね~!(^^)!

ハウスメーカー・工務店の選び方5


皆さん、こんにちは~!(^^)!
間取り先生で~す(≧▽≦)

以下のような工務店があるので、注意してくださいね。

◎不当請求する(1)

施主様の大半は、建築費の相場は分かりませんし、建材のことも分かりません。
そこを悪用する工務店がいるのです。
契約後、以下のようなことをして、不当に儲けようとします。

「〇様、契約で、Aという商品を選んでくださったのですが、
構造上、使えないことが分かりました。
そこで、少し高くなるのですが、Bに変更いただきたいのです。」

*このように、あたかも事故的な感じで言ってきますが、実は計算済みです。

施主が「いくら?」と聞くと、「はっきりと分からないのですが、数万円位です」と答えます。
そして、うやむやのうちに施工してしまい、「ちょっと高くて、8万円しました」などと、わざと高く請求するのです。
施主としては、不満だとしても、払わないわけにはいきません。
払わなければ、工事をストップされる可能性があるからです。

「工期が何年になってもいい」とか「裁判になってもいい」という施主なら、
話し合い・係争を続けるでしょうが、大半の施主は仮住まいしているので、
工期が遅れると家賃は増えるし、裁判になれば、それこそ多大な費用がかかるため、
大半の施主は泣き寝入りするのです。そしてそういう工務店はそれを知っているので、
確信犯的にそれをするのです。

なお、こういう業者は、信用・口コミでは仕事をとれないので、新規顧客に全力を注ぎます。
そのため、契約まではとても感じ良く接客するので、多くの施主は騙されて契約してしまうのです。

皆さんは、失敗しないように、慎重に、素晴らしい業者さんを選んでくださいね~!(^^)!

ハウスメーカー・工務店の選び方4


皆さん、こんにちは~!(^^)!
間取り先生で~す(≧▽≦)

先日、地元で講演をしたのですが、そのお客様のお一人が、
「◎工務店に依頼しようと思っている」とおっしゃいました。

◎工務店は、滋賀の建築業界では悪名高く、
誠実な建築業者は付き合いしないのですが、
こういうことは、施主様にはあまり分かりません。

少しやくざなところを持っているので、◎工務店の顧客も、我々同業者も、
口に出すと、やられるので、言えませんし、ネットにも出しません。

そこで、「私(上田)に依頼くだされば、良い設計をして、良い工務店をご紹介しますよ」
とお伝えしたのですが、
「もう何度も打ちあわせしてもらっているし、契約金が安かったので、今更ことわるのは悪い」
ということでした。

今後、その方は、いろいろな種類の苦労をされると思いますが、
◎工務店さんを信用しておられるので、悲しいことですが、致し方ありません。

皆さんは、失敗しないように、素晴らしい業者さんを選んでくださいね~!(^^)!

ハウスメーカー・工務店の選び方3


皆様、こんにちは~(^^)
間取り先生、こと、上田やすまさで~す(^^)/

今日は、「ハウスメーカー・工務店の選び方3」です。

前回は、「相手を見極める質問をしてください」と言いました。
では、相手の「何を」「どこを」「みきわめるのか?」という話です。

みきわめる点は、以下です。

1、サービス力
2、提案力
3、建築技術
4、人柄
5、理念

今日は、上記1に関してのお話をしますね。

建築というのは、たくさんの分野があります。
お客様対応(担当者)、意匠設計(デザイナー又は間取りプランナー又は建築士)、
構造設計(建築士)、見積もり(積算担当者)、各種申請(建築士)、
施工管理(現場監督)、アフター担当者、
上記すべての責任を負う人(社長)

上記8分野を、たとえば「3人ほどで受けもっている」
などは、あまりにもマンパワーが悪いです。
最低でも、4人以上の担当者がいてこそ、
充分なサービス・対応ができますから、まずは皆様は、
「1軒の物件につき、4人以上の担当者が付くかどうか?」
をみきわめましょう

*1人が複数の職種を兼ねる、ということは、よくあります。
建築士が見積もりをする。
現場監督がアフターをする、等々。

今後も続々とアップしていきますね。(^^)/

間取り先生

ハウスメーカー・工務店の選び方2


皆様、こんにちは~(^^)
間取り先生、こと、上田やすまさで~す(^^)/

今日は、「ハウスメーカー・工務店の選び方2」です。

話をする業者は、最低10社、できれば20社くらいと話してください。
町のタウン誌やネットなど、いろんなところで探せると思います。
そして、1/3がハウスメーカー、1/3が工務店、1/3が建築家、
というふうにするのが良いです。

大半の施主様は、「相手の話を聞く」ということをしますが、これはやめましょう。
各社がいろんなことを言うので、たいていパニックになって、より分からなくなります。
それより、質問することを心がけましょう。

相手を見極めるための質問をするのです。
皆さんが払う数千万円を任せてよい組織かどうかを、
たくさんの質問をして、見極めるのです。

今後も続々とアップしていきますね。(^^)/

間取り先生

見晴らし良い方向に、電動ルーバーシャッター雨戸


静岡のリフォーム物件です。
静岡は、せっかく富士山が見えるのに、
このお宅は、富士山が見える方向に、窓がなかったので、
施主様がリフォームを決断されました。

そこで、窓を付け、かつ電動ルーバー雨戸としました。
電動ルーバーシャッター雨戸

もうすぐ完成で、施主様共々、とても楽しみです!(≧▽≦)

建築費が上昇中です


今、東京オリンピックの建設ラッシュで、関東一円、
建築業界は大変多忙になってきており、
優良施工会社の確保が難しくなってきており、当然ですが、
同時に、建築費が上昇傾向にあります。

私は、今、埼玉県の物件も請け負っていますが、
施工会社がどこも多忙で、確保しにくくなっています。
関東一円、同じだと思います。

家づくりをお考えなら、すぐにも行動するよう、強くお勧めいたします。
遅くなればなるほど、優良施工会社の確保が難しくなり、
かつ、建築費の値引きが難しくなります。

もし11月下旬に開始すれば、予定は以下になります。

11月下旬、間取り打ち合わせ
12月いっぱい、間取りと外観を詰める
2018年1月、詳細設計打ち合わせ
2月、施工会社に概算見積もり依頼(1ヵ月かかります)
3月、概算見積もりを元に、詳細設計の再打ちあわせ
4月、設計図作成(1ヵ月かかります)
5月、施工会社に正式見積もり依頼(1ヵ月かかります)
6月、建築費交渉し、施工会社と契約
7月、地盤調査、地盤改良、測量、古家あれば解体
8月、基礎着工
10月、上棟
2019年3月、完成引き渡し

ですので、上記予定が無理そうなら、
東京オリンピックが終わって、建築業界が落ち着いてから、
お進めになることをお勧めします・・・が、

もしかすると、消費税増税があれば、また、建設ラッシュになり、
優良施工会社の確保と、建築費値引きは難しくなり、かつ消費税が上がりますので、
2018~2023年頃?までは、家づくりの時期としては、高価な時期になると思われます。

ハウスメーカー工務店の選び方1


皆様、こんにちは~(^^)
間取り先生、こと、上田やすまさで~す(^^)/

今、新しい本を書いています。題名は、
「ハウスメーカー・工務店の選び方」 です。
業者選びで後悔している人が多いので、正しい選び方を書いていきますね。

すべてをここに出すわけにはいきませんが、
出版までは権利関係は大丈夫なので、一部だけですが、
ブログにアップし、皆様のお役に立てば良いなと思っています。(^^)/

今回は、「新築とリフォーム」 に関してです。

新築をするときは、新築の経験の多い業者を選びましょう。
そして、リフォームのときは、リフォーム経験の多い業者を選びましょう。

新築とリフォームは、「まったく違うもの」
と言ってもいいくらい、違うものだからです。

今後も続々とアップしていきますね。(^^)/

間取り先生

静岡 一軒家リフォーム


静岡で、一軒家リフォームを請け負いました。
まだ築浅でしたが、いろいろと問題の多い家でしたので、
施主様が奮発して、リフォームを決断しました。

私としては、問題がすべて解決できるよう、
施主様と協力して設計し、先日着工しました。

最初の写真は、高齢になり、階段昇降機を
つけたくなったときのため、コンセントを付けました。
高齢になったときに設置する階段昇降機用のコンセント 次の写真は、天井裏の暑い空気を排気するための換気扇穴です。
「2階がとても暑い」ということで、調べてみたら、
天井裏に換気扇が設置されていませんでした。
法律上、設置義務はありませんが、付けるほうが賢明です。

天井裏の暑い空気を排気

このリフォームで、すべての問題が解決され、
施主様が幸せに暮らせることを、心から願っております。

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください