上田デザインコラボのブログ

新築間取りの正しい考え方7「雨戸」


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第7弾です。

皆様、雨戸はどうしていますか?。
雨戸を付けないかたがいますが、雨戸は以下の理由で絶対必要です。

1、台風・強風
台風や強風のとき、雨戸が無いと、とても不安です。強風でものが飛んできて窓が割れたり、あるいは、屋根がぶっ飛んでしまう、ということさえあります。

2、遮光
雨戸は、日を防いでくれます。冬は日を入れて部屋を暖かくしたいのですが、夏は日が入れば入るほど部屋が暑くなってしまいます。カーテンやブラインドも日を防ぎますが、
データでは約80%の熱が入り、雨戸を設置はほぼ100%防ぐことができます。
ただ一つ問題があるのは、「外が見えなくなる」、「風が通らない」、ということです。

そこで、私は、ルーバー雨戸をよく使います。 *ルーバー雨戸
ルーバー雨戸半開

これは、雨戸がルーバーになっていて、閉めれば、完全な雨戸になります。
日を入れたくない夏は、全閉にすると、日が入りませんので、部屋の中が暑くならず、とても重宝します。 また、夜の防犯が必要なときも、全閉にします。
時期としては、夏と、夜に多用します。 *全閉
ルーバー雨戸 閉

つぎに、「少しだけ日を入れたい」、とか、「少しだけ外を見たい」、とか、「風を通したい」、というときには、半開にします。
風が通るので気持ちよく、かつ、屋外から室内はほとんど見えないのでとても重宝します。
時期としては、春や秋に多用します。 *半開
ルーバー雨戸半開

そして、「完全に日を入れたい」、とか、「完全に外を見たい」、とか、「風を通したい」、というときには、全開にします。
風が通るので気持ちよく、かつ、日がたくさん入るので部屋が暖かくなり、とても重宝します。
時期としては、冬に多用します。 *全開
ルーバー雨戸全開

雨戸は、あとからでも設置できるのですが、最初に付けておいたほうが割安に済みますし、最初から雨戸があるほうがそもそも便利です。
「明日、台風がくるから、今日、設置して!」と頼んでも、寸法計測・設置方法検討・発注・搬送納入・施工に最低10日はかかるので、対応できるハウスメーカーはゼロです。

雨戸は、できるかぎり、新築時・リフォーム時に設置したほうが賢いです(*´▽`*)

新築間取りの正しい考え方⑥どうしてもロフトを作るときは?


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第6弾です。

前回、「ロフトはデメリットが多いから、作るな!」とお伝えしました。
しかし、「どうしてもロフトを作らなければならない時」の、正しい考え方をお伝えしますね(*´▽`*)

ロフトを作る際、注意すべきことは以下です。

1、窓を付ける。
ロフトは風通しが悪いです。ほこりがたまりやすく、かならずカビが発生します。
そのため、必ず窓を付けてください。

2、換気扇を付ける。
「ロフトだから換気扇は不要」という人がいますが、全く見当違いです。
ロフトは風通しが悪いので、ほこりがたまりやすく、かならずカビが発生します。
そのため、必ず換気扇を付け、24時間換気することが大切です。

3、ロフト梯子はつけず、特注ロフト階段を作ってください。
*特注ロフト階段を上から見下ろした写真
DSC02412

前回お伝えした通り、ロフト梯子は危険ですから、絶対に付けないでください。
できるだけ、階段にしてください。階段は安全です。

では、なぜ、多くの人は、階段を付けず、ロフト梯子を付けるのか?
その理由は、ひとつは、「上記欠点を知らないから」、です。
そして、もう一つは、「安価だから」、です。
ちなみに、普通の階段は20万円ほどで、ロフト梯子は3万円ほどです。

そこで、特注ロフト階段を作ってください。
これなら、前向きで下りることができるため、安全です。
DSC02415

金額は10万円ほどかかりますが、身の安全を確保するためには、必要な額と、私は思います。

ロフト梯子で、足を滑らせ大怪我をして、治療費で本来不要なお金がかかり、長期間、仕事を休んで無収入になるより、
前もってお金を出し、安全なロフト階段を作り、怪我をしないで、一生健康でいられるほうが、はるかに大切なことです。

新築間取りの正しい考え方⑤ロフトは作るな!


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第5段です。

ロフトにあこがれる人が多いですが、ロフトを作るのはあまり良くないです。
理由は以下です。

1、暖房効率が悪くなるため、冬、部屋が寒くなる。
2、荷物の出し入れが面倒なので、荷物を入れっぱなしになり、荷物の出し入れをしないため、ほこり、かび、虫が増え、非常に非衛生的。
3、ロフトは天井高が1.4m以下と決まっています。そのため、10才くらいまでの子どもなら活用できますが、中学生以上になると、天井高が低いため、とても使えにくい。

多くの施主さまは、「ロフトは安価」、ということで、安易にロフトを作ってしまいます。
しかし、安価といっても、ある程度はかかるわけです。
そんなお金があるなら、そのお金で、普通の家具を買ったほうが、はるかに便利です。

また、ロフトを使う場合、ロフト梯子を使います。
これが、また、危険です。
とても不安定な体勢で、上り下りします。

階段というのは、本来、前に歩いて、上り下りします。
進む方向をしっかりと見ることができるため、「前に進む」動きが、一番安全なのです。

しかし、ロフト梯子は、降りるとき、お尻から降りる必要があります。
進む方向を見ることができないのです。
そのため、足を踏み外し、床に落ちる、という事故が、よくあるのです。

実際、私もそういう事故を起こしたことがあります。
それは、工事現場だったのですが、ロフト梯子を降りるとき、足を踏み外し、床に落ち、ろっ骨を骨折しました。
肋骨の骨折は、手術ができず、ただ安静にするのが治療法だそうで、実際、私は、2ヵ月もの間、寝たきりになりました。

ロフトはかっこよくて、あこがれる人がいますが、そんなお金があるなら、
家具を買ったほうが、はるかに便利であることを、お伝えしておきます。

新築間取りの正しい考え方④だから一部を貸し出せ!


前回、「住宅ローン破綻している人が多い」、「住宅ローンに苦しんでいる人が多い」
という事実を伝えました。

だからこそ、自宅の一部を貸し出せるようにしておくことが大切なのです。

アメリカでは、自宅に地下室を作って貸し出すのが、当たり前になっています。
自分がもし経済的に苦しくなったら、家賃で食っていけるように、アメリカ人は皆、そういう家を建てるのです。

日本では、地下室を作るのはかなり高価なので、地下室ではなく、左右に分けるなどにするのが良いです。
あるいは、1階全部と2階の半分を自宅にして、2階の残り半分を貸し出せるようにするなどが、賢い分け方です。

こういう話は、家を買って長年住んだことのある人は、よく理解できるのですが、
はじめて家を建てる人は、人生経験が少ないため、先々のことをあまり想像できないため、
貸し出せる家を作らない人が多いのです。

賢明な皆様は、自分が50代以上になったときのことをよくシミュレーションして、
生活に困らない家を建ててくださいね(*´▽`*)

10万人が住宅ローン破綻し100万人がローンで苦しんでいる現実


正確な統計は無いらしいのですが、ざっくりした統計では、
10万人が住宅ローン破綻し、100万人が住宅ローンで苦しんでいるそうです。
まあ、私もその一人です(>_<)
住宅ローンが苦しくて、夫妻ともに朝から深夜まで働いています。

私も含め、なぜか人は家を建てるとき、「充分に払っていける。大丈夫」、と思うようです。
その理由は、おそらく、皆、若いうちに家を建てるからだと、私は分析しています。

20代30代というのは、子供がいないか、あるいは小さいため、あまりお金がかかりません。
そのため、ある程度、裕福なのです。
その裕福なときに家を建てるので、生活が苦しくなる、というのが想像できないのです。
実際、私もそうでした。

しかし、40代50代になると、子供が大きくなり、学校にお金がかかるようになったり、
子どもが成人すれば、「車がほしい」となり、半分は親が出す、などとなったり、
あるいは、自分や自分の家族が病気などをし、急に、結構な通院費・入院費がかかったり、
あるいは、リストラになり、しばらくは雇用保険がおりても、再就職で給料が大幅に下がったり、
あるいは何かトラブルがあり、急な出費が必要になるなど、いろいろとお金がかかるようになります。

ローンを抱える前は、裕福だったのに、ローンを抱えたあと、だんだん苦しくなり、
かつ、上記のようないろいろな理由で、生活が苦しくなっていくのです。

その結果、10万人が住宅ローン破綻している、とか、100万人が住宅ローンに苦しんでいる、
という現状になっているわけです。

家を建てる人全員が、家を建てる前に知っておきたいことだと思います。
*私を含む(>_<)(*´▽`*)

新築間取りの正しい考え方③階段での注意点


皆さま、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第3弾です!(*´▽`*)

階段でこけると、軽傷では済みません。かならず重症になります。
私の家族は昔、階段でこけたことがあり、背骨を強打し、1ヵ月以上、入院しました。
それくらい、階段は危険な場所ということです。

階段でこけないためには、3つの注意点があります。

1、滑り止めを付ける。
DSC02399 滑り止めが無いと、当然、滑りやすいので、こける可能性が高まります。
滑り止めが無い階段でこけた経験のある人は、少なからずいます。
そして、当然、重症になり、そのときやっと、滑り止めの重要さを、知ることになります。

滑り止めなど安いものです。絶対に最初に付けてくださいね(*´▽`*)

2、手すりを2段にする。
DSC02397 人が階段でこけたとき、何かつかむものがあると、少しでも安全です。 そのため、手すり1本より複数あるほうが、つかめる確率が高まります。
そのため、写真のように、低いところに、もう1本付けるほうが安全です。

また、低いところに手すりがあると、小さな子供も使えるので、子供にどって安全です。
なお、「子供は元気だから、手すりは不要だろう」、と考えるかたがいますが、
まったくの間違いであることを、お伝えしておきます。

3、滑りにくい床材を使う。
DSC02399 大半の人は、フローリングと同じ建材で、階段を作ります。
しかし、フローリングというものは、もともとが、滑りやすいのです。
そのため、滑りにくい建材、たとえば、コルクとかカーペットなどにするのが賢明です。
滑りにくくなり、安全になります。

「手すりや床材など、あとから何とかしよう」、と思うかたが多いですが、
皆、仕事や生活に追われ、「それをする時間がなかなか無い」、あるいは、
「ローンで苦しいので、大工さんに頼むお金が無い」、というのが、現実です。

そういうかたが、「その間に、こけて、後悔」するのです。
「その話を聞いていたのに、まあ大丈夫だろうと思い、対応していなかった」
という人が多いことを、お伝えしておきます。

宜しくお願い申し上げます。
間取り先生(*´▽`*)

新築間取りの正しい考え方②寝室は1階に作る!


皆さん、こんにちは~!
間取り先生(*^▽^*)で~す!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第2弾です!

大半の施主さまは、残念ながら、2階に寝室を作っています。
多くの人は、30代~40代といった若いときに家を建てます。
そのため、自分が50代~70代になったときのことが、よく分からないのです。

若い時に2階建てを建てた人の多くが、50代以降になると、こういいます。
「寝室が2階にあるから、つらい。1階に作ればよかった」、と。

まあ、当たり前と言えば、当たり前なのですが、大半の人は、今の自分しかイメージできませ。
そのため、今の自分が良いと思う家、すなわち、2階に寝室がある家を建ててしまうのです。

たとえば、35才で家を建て、75才で他界するとします。すなわち、40年その家に住むとします。
すると、35才~55才までの20年間は、問題ないのですが、55才~75才までの20年間は、つらいわけです。

すなわち、「40年のうちの半分の20年が、つらい家」、を、皆さん、建ててしまっているわけです。
だから、「95%が間取りをやり直したい」などという、悲惨な現状になってしまっているのです。

正しい家づくりは、「40年のうち40年とも、楽な家」、です。
そのためには、寝室は1階に作るのが当たり前なんです。

皆さんは後悔しないよう、充分注意して家を建ててくださいね!

宜しくお願い申し上げます。
間取り先生(*^▽^*)

新築間取りの正しい考え方①改造できるようにしておく


皆さん、こんにちは~!
間取り先生(*^▽^*)で~す!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第1弾です!(*´▽`*)

残念ながら、大半の施主さまは、かなり浅い考え方で、間取りを作ってしまっています。
具体的に言うと、「将来のことを考えてない」、ということです。

新築住宅は、本当は、将来のことまで見据えて、間取りを考えるのが良いです。

家族構成はたいてい以下になります。
1、夫婦2人

2、夫婦2人と子供1人~3人

3、子が独立し、夫婦2人に戻る

4、子が戻ってくる場合がある。

大半の施主さまは、1~2のことだけを考えて、間取りを作っています。

人は家に、たいてい40年ほど住みます。
たとえば、35歳で建て、75歳で他界するなら、40年住むわけです。
で、1~2の時期は、子供が独立するまでですから、20年前後です。
その後、3の時期が20年前後になります。
もし、4が発生した場合は、3が10年で、4が10年、という計算になります。

すなわち、40年住むうちの、最初の20年のことしか考えてない、ということになります。
こんな状態なので、「95%が間取りをやり直したい」、という結果になってしまっているのです。

1の時期は、夫婦2人だけですから、単純に言えば、1LDKで住むことができ、2LDKもあれば充分です。
そして、子が2人なら、2の時期は、最低3LDKは必要になるわけです。夫婦が1室+子2人で2室で、3LDKです。

しかし、3になると、夫婦2人だけなので、3LDKは不要で、家の半分が空いてしまうわけです。子が独立した人の家は、たいてい子供部屋が空いていて、完全に「ムダ」になっています。

空いた部屋は、本当は、貸し出すなどすれば、お金を生み出すことができます。しかし、貸し出すこともなく、人が住むこともない部屋は、全く「ムダ」な空間なのです。

人は30代40代のうちは、恋愛に対しても仕事に対しても情熱が強いため、雇ってもらいやすいですし、給料も上がることが多いです。しかしながら、50代60代になると、人生がマンネリになるため、いろんなことに対する情熱が落ちてきます。
すると、給料が上げどまったり、下手をするとリストラに合うこともあります。実際、リストラに合う年代は50代60代です。
50代60代はすなわち3の時期であり、3の時期は1~2LDKのみ必要なので、家の半分を貸し出せば、リストラに合っても、家賃でなんとか食いつなぐことができるのです。

ですから、1と2の時期は4LDKの新居を建て、3の時期はプチリフォームで家の半分を貸し出せるような間取りにしておき、4の時期には2世帯にリフォームできるような間取りにしておくことが、新築間取りを考える上で、とても重要なことなのです。
しかし、残念ながら、そこまで考えて間取りを作っている人は、ほとんどいないのが現実です。

ちなみに、私の自宅は、すべて可変できる間取りにしてあります。
1と2の時期(新築時)、4LDK
3の時期、私たち夫婦が家の半分(2LDK)で、プチリフォームだけで、家の半分(3LDK)を貸し出せるようにしています。
4の時期、私たち夫婦がそのまま2LDKに住み続け、貸し出し用に子世帯が住みます。
当然、車は5台(私たち2台+貸出用3台)を駐車できるようにしています。

間取り先生(*^▽^*)

キッチンの床に適した材料は?


滋賀県のリフォーム物件です(*´▽`*)/

キッチンの床が汚くなったし、フローリングは足が冷たいのでリフォームしたい、とのこと。

キッチン床を、フローリングで仕上げることがしばしばあります。
フローリングは撥水能力はありますが、完全防水ではないので、流し台の水はねの影響で、数年のうちに、写真のように、床が劣化してきます。
1床材にカビ *床材(フローリング)にカビが発生

「これは無垢フローリングだから、カビるのだろう」と思う人が多いですが、それは間違いです。普通のフローリングでも、同じ症状が出ます。

フローリングを使わない場合は、クッションフロアという、厚み2ミリ前後のシートを張るのが一般的で、大半の住宅では、クッションフロアが採用されているのが現状です。

クッションフロアは防水なので、水による害はないのですが、化学物質を揮発するため、シックハウス症候群(化学物質過敏症)になる可能性があります。

クッションフロア *クッションフロア。

ほとんどの施主様が、そういうことを知らないため、安易にフローリングやクッションフロアにしてしまっているのが現状です。

フローリングだけでなく、「下地までカビているかなあ?」と思い、剥がしたところ、かなりカビていました。
2カビ(合板) *下地にカビ

フローリング自体は、雑巾でふくことができますが、下地はさわれませんから、カビの進行がひどいです。

今回の任務で私が考えるべきことは以下です。

1、二度とカビが出ないようにする。

2、「フローリングは足が冷たいから、冷たくない床にしてほしい」というご要望を解決する。

3、フローリングは固くて足が疲れます。大半の施主様はそれを知りませんが、比べたら分かります。なので、柔らかい床材を採用することにします。

4、この家は2世帯で、このキッチンは2階にあるキッチンです。1階に音が響いていないか、親世帯に確認したところ、「足音が聞こえるが、仕方ないと思っている」というお返事。→ なので、音の響きを無くす必要がある。

5、この家に住みだしてから、家族の1人が、シックハウス症候群なのか、目や頭の中がおかしくなる、とのこと → これは化学物質過敏症患者でないと分からない症状です。ほぼ間違いなくシックハウス症候群(化学物質過敏症)であると、私は判断しました。 → 化学物質を揮発させない工夫をします。

6、床暖房するまでの予算は無い。

上記6項目すべてを解決する計画が必要で、いろいろと検討した結果、以下にしました。

1、カビ取りでカビを除去し、乾燥させました。
2、カビと化学物質を二度と発生させないため、下地にアルミシートを張りました。
3下地用アルミシート (1) *カビと化学物質を増殖させないアルミシート

3、「足が冷たい、疲れる」、「1階への音の響き」を無くすため、フローリングやクッションフロアではなく、畳を採用しました。もちろん、キッチンなので、水はねは永久に続くため、安価な畳(1枚3000円×3枚)を採用し、4~5年ごとに買い替えてもらうことにしました。

これにより、「毎日の足の冷え、疲れ」を完全に解消し、「1階への音を無くす」ことができます。これが出来て、4~5年に9000円の経費はとても安いと、私は思います。
5畳 取り替えられる *安価な畳。周囲に少しフローリングを張りデザインも考えました。

そして完成。
人が立たないところは、フローリングにしました。

また、最終的に予算がいけたので、私が開発した、化学物質フリーで、かつ洗うことができるUYDC畳を買ってくださいました(*´▽`*) 6完成後 *完成。立つ場所にUYDC畳、立たない場所はフローリング

大半の施主さまが、こういうことを知らないまま、家を建てたり、リフォームしているのが現状です。
キッチンは、水がはねるので、フローリングは絶対に使ってはいけませんし、化学物質が出るため、クッションフロアさえ、なるべく使わないほうがいいです。

本当は、最初から、下地にはアルミシートを張り、床材としては取り替え可能な安価畳や、洗えることができるUYDC畳にしておけば、問題は起こりません。
新築計画中の皆様は、失敗しないでくださいね!(^^)!

ちなみに、使い勝手が悪くても、カッコ良さだけを求めるなら、以下にすることもできます(*´▽`*)
4ムク床材ランダム張り *無垢フローリングのランダム張り

令和記念キャンペーン!(*´▽`*)


皆さん、こんにちは~!
間取り先生(*^▽^*)で~す!

さて、今日から「令和」ですね!
令和になった記念に、キャンペーンやっちゃいま~す!(*´▽`*)

この5月中にお申込みご契約いただいた方は、
5%割引いたしま~す!(*´▽`*)

どしどしご応募くださいね~!(*´▽`*)/

宜しくお願い申し上げます。
間取り先生(*^▽^*) 令和記念キャンペーン

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください