上田デザインコラボのブログ

測量、境界(筆界)トラブル


家を建てるさい、測量図がない場合があります。

家を建てるには、建築確認申請をする必要があり、
そのためには、本来は、境界は確定させるのが適正です。

しかし、現実には、建築確認申請の際、行政または建築確認機関は、
境界確定されているかどうかまではチェックしないので、
結果、境界確定させないでも、建築確認申請は通ってしまう、という現状があります。

そのため、本来は、境界確定させるのが適正ですが、
「しなくても通る」ので、「じゃあ、安価にするために、境界確定は、しないでおこう」、
となることが多いです。

ただし、あとあと、近隣からクレームなどで、トラブルになることはままあります。
私の叔母は、境界確定せずに、新築を建て、完成時に、隣家から、
「この部分は、うちの土地。おたくの軒がはみ出ているから、直してください」

というクレームをつけられ、トラブルになったことがあります。

すったもんだの後、
1、土地は隣地さんの言う通りとする⇒約30万円分の土地を、隣地さんに譲ったことなります。
2、叔母の家の軒が出ている部分は、この建物を解体するまでは、許容してもらう。
という条件で、解決になりました。

軒を直すには、おそらく100万円ほどの出費になりますし、
裁判にでもなれば、それ相当の弁護士費用と、結構な時間をとられることになるため、
1は許容し、2は許容してもらい、なんとか解決したわけです。

最初に、境界確定しておけば、30万円ほどで済んだのですが、
結局、あとで境界確定はすることになり、30万円がかかり、
合わせて60万円の出費になりました。

土地は、財産なので、簡単に、「ああ、そうですか」と済むことはなく、
たいていは、近隣トラブルになり、あるいは裁判にまで発展することは少なくありません。

そういうトラブルを知っているため、私としては、
お金はかかっても境界は確定させるべきと思っており、
「トラブルを回避する保険」という意味でも「確定させるべき」、と思っています。

ちなみに、経験深い行政マンや建築士は、私と同様の考えを持っている人は多いです。

ただ、お金をお出しになるのは、施主様ですので、
建築士としては、施主様の判断・決定を、優先することになります。

本来、土地は、境界が確定されているのが基本です。
「確定されていない」というのが、そもそもおかしいのです。
先祖代々の土地なら、本来は、先祖が隣地地主と、境界をはっきりと決めておくべきなのです。
それをしていないから、私の叔母のように、筆界トラブルに巻き込まれ、
お金を損してしまう人が発生するのです。

本当は、法律で、そこまで決めてしまえば、問題は発生しないのですが、
穴のある法律は、この他にも沢山あるものです。

自分がトラブルに巻き込まれないためにも、そして、
自分の子や孫に、そのリスクを残さないためにも、
境界は、確定させておくのが正しいのではないか?
と私は思います。

テレビ収録おわりました!(^^)!


テレビ収録おわりました!(^^)!
ふーっ、疲れた・・・(>_<)

ボード修正済み

付き人をしてくださったOさんAさん、ありがとうございましたm(__)m!(^^)!

以前、ホンマでっか!?のときは、後悔10割で、満足ゼロでした。
今回は後悔7割で、満足3割です。
ちょっとだけ進歩しました(*´ω`)

今回、後悔をして、はじめて気づいたのですが、そもそも収録に全く慣れてない素人が
そもそもうまく対応できるはずはないな、と思いました。

他の出演者は、いつも同じことをしているため、簡単ですが、
はじめての人は、はじめて経験することなので、そもそもうまく対応できるはずはありません。

次、お呼びがかかったら、うまく対応できるよう、勉強・練習しておく必要があるな、と思いました。

「素人がテレビに出てうまくいく」というようなセミナーがあれば受講したいので、
探したのですが、まった見つかりませんでした。

ですので、今は、とりあえず自分でいろいろと考え、3割が5割、5割が8割、
8割が10割になるよう、練習していこうと思っています。

また、将来は、認定講師の方々がテレビ出演したとき、私のように困らないよう、
私自身が上記のようなセミナーをしていこうかな、とも思っています。

みんなで力を合わせてガンバロー!!(^^)!

仲間と協力する素晴らしさを経験しようー!!(^^)!

愛あふれる人生にしようー!!(^^)!

みんな!テレビに出たいかー?
オッー!

間取り先生(≧▽≦)

滋賀県 新築リフォーム講演会


今日は、滋賀県米原市で、新築リフォーム講演会をさせていただきます。
以下は、ダイジェスト版です。

講演は1時間で、皆様の新築リフォームに役立つよう、結構深い話をします。

次回は、9月に、三重県四日市市の予定です。

測量図ができました!(^^)!


さいたま市の物件の、測量図ができました!(^^)!

測量図 さいたま

測量費用はかなり高価です。
50坪前後の土地1区画で、おおよそ30~40万円もします。
この物件は2区画で、かつ両区画とも広いので60~80万円ほどします。

測量をするときは、なるべく安価で、かつちゃんと仕事をしてくれる
測量会社を探す必要があります。!(^^)!

家はヒーリングです


「ヒーリングになる家を作りたい」、と常々思っています。

そのためには、間取りは使いやすくする必要がありますし、
建材は健康的である必要があります。

大半の人は、一日のうち、仕事場に8時間+αいます。
職場8時間と、昼食や交通が2時間とすれば、合計10時間です。
そして、残りの14時間、家にいます。

そして主婦(主夫)や赤ちゃんは、それこそほとんどの時間、家にいます。

家族(夫・妻・子供・赤ちゃん)が幸せになるためには、
「家はヒーリング」でなければならないと、私は思うのです。

皆さん、私と一緒に、「ヒーリングになる家」を作りませんか?!(^^)!

施工監理が必要です


蕨市の物件で、基礎着工しました。

全体風景

すべての施工に共通することですが、職人さんが間違えてしまうことはあります。
人間は完璧ではありませんので、間違えてしまうことは、あって当然です。
そのため、「監理」が必要になります。

指摘部1
*上の写真が修正前で鉄筋が不足しており、下の写真が修正後で鉄筋を増やしました。
指摘箇所1の修正

建築家が入らない家づくりでは、この「監理をする人がいない」という状態なので、
施工ミスがそのまま修正されないことがありますから、注意してくださいね!(^^)!

測量おわりました


さいたま市の物件の、測量がおわりました!(^^)!

測量風景2

測量費用はかなり高価です。
たくさんの測量会社さまに見積もり依頼し、かなりお安く、
かつちゃんと仕事をしてくださる会社さまに依頼しました(←安いよりこれ大事)。
Hさま、Kさま、一生懸命仕事をしてくださり、心から感謝申し上げますm(__)m!(^^)!

栃木物件、完成しました!(^^)!


栃木の物件が完成しました!(^^)!

外観2修正済み

下の写真はLDKです。キッチン(左)は既製品ですが、机・本棚(右)は手作りしました。
家具同士、あるいは家具と建具は、同色で合わせることで、きれいに見えます。

LDK キッチンと造作家具

今回のキッチンと家具は、ウォルナット色にしました。この場合、
床までウォルナット色で合わせたいところですが、それはぐっと我慢して、やめましょう。
なぜなら、床までウォルナット色にしてしまうと、部屋全体が暗い雰囲気になってしまうからです。
そこで、雰囲気が陰気にならないよう、わざと赤みが入った床材を使いました。
結果、落ち着いた大人の雰囲気にしながらも、陰気さが感じられません。

他方、家具や建具を造作するときは、塗料に気をつけてください。
化学物質の多い塗料を使っているハウスメーカー・工務店がとても多いです。

地盤改良


蕨市の物件で、地盤改良を行いました。
地盤改良には、数種類がありますが、今回は「柱状改良」が適していたので、そうしました。

地盤改良(柱状改良)

すべての施工に共通することですが、職人さんが間違えてしまうことはあります。
人間は完璧ではありませんので、間違えてしまうことは、あって当然です。
そのため、「監理」が必要になります。

サイズがあっているか? 深さが合っているか? 等々をチェックしました。(下の写真)

地盤改良 径と深さチェック

建築家が入らない家づくりでは、この「監理をする人がいない」という状態なので、
施工ミスがそのまま修正されないことがありますから、注意してくださいね!(^^)!

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください