上田デザインコラボのブログ

なかなか決断できない・・・それは予兆です


家づくりをしている中で、

「間取りはこれでいいのだろうか・・・」

「建材はこれでいいのだろうか・・・」

「依頼先はこれでいいのだろうか・・・」

と色々と悩み、もんもんとしたり、スッキリしない、

と感じる施主様が、たまに、いらっしゃいます。

そういう時、「もう、いいやっ!」と思いきってしまう施主様もいれば、

「いや、これは、何か悪い兆候では?」と思い、立ち止まる施主様もいます。

どちらが正解なのでしょうか?

私は、後者の施主様が正しいことが多い、と思います。

 

だいたい、「もんもんとする」とか「スッキリしない」というのは、

たいていは、直感です。

精神が敏感な人は、直観に優れています。

もんもんとしているのに、スッキリしないのに、

そのまま進むと、たいていは、失敗することになることが多いです。

 

私も直感が鋭いほうで、直観を無視して進んだ場合、

たいてい失敗しました。

「常識的には、これが正しいよな」と思って進もうと思っても、

心がもんもんとしたり、スッキリしないのです。

そこで、常識から外れていても、直観通り進むと、

結果、上手くいったことがほとんどでした。

 

家づくりにしても、何にしても、直観を大切に進むことが大切と思います。

夫妻で意見が違う時、どこに建てれば良いのか?


家づくりがなかなか進まない施主さまが、たまにいらっしゃいます。

いろんなパターンがありますが、今回は、

「夫妻で、住みたいところが違う」場合です。

 

夫は、「うちの実家の敷地が大きく、そこに建てても良いと言われているから、

うちの実家の隣に、新居を建てよう」という場合があります。

土地を買わずに済むので、大変有難い話ではありますが、

奥様が、「夫の実家の近くはイヤ」と言い、

「うちの実家の近くに家を建てよう」と言います。

奥様のご実家が、土地を提供してくれるなら、

それはそれで良い話なのですが、

土地は提供できないのですが、そう希望されることがあります。

 

こういう場合、私は以下の判断が、夫妻両者にとって良いことだと思います。

1、土地を提供してくれるほうに、家を建てる。

 土地代・数千万円を節約できるわけですから、これは大変な魅力です。

 その数千万円を、子どもの学費とか、海外旅行などに充てれば、

 それはそれは豊かな生活ができます。

2、義理親との同居、または近くがイヤなら、中間地点に家を建てる。

A、この場合、土地代・数千万円がかかります。

 そのお金をねん出できるなら、これで良いと思います。

B、土地代を出せないなら、中間地点に、

 中古住宅か中古マンションを買う。

 

夫妻で考えが違い、ケンカになり、「最終的には離婚」、

ということが、少なくありません。

夫妻が離婚することは、夫妻の自由ですが、

お子さんにとっては、とても悲しいことです。

「たかが、家」です。

夫妻で話がまとまらなければ、

一生、賃貸住まいで良いのではないでしょうか。

「賃貸なら、いつでも転居できる」

「固定資産税も、家の修理代もかからない」

という利点を考えれば、そう悪くないと思います。

学校正面の土地は?


土地に関し、ご質問が入りましたので、

皆さまの参考にもなるように、

こちらでお答えさせていただきますね。(^^)

【質問】

南向きの良い土地が見つかり、

とても気に入りました。

ただ、正面には中学校があります。

「学校正面の土地」というのは、どうなんでしょうか? 

宜しくお願いいたします。

【答え】

学校の正面や近くの土地の欠点は以下です。

1、通学路になり、朝と夕、多くの生徒がぞろぞろと家の前を

 長時間歩くため、うるさい。

2、車で出入りをしたくても、なかなか出来なかったりする。

3、時間に焦って、車を発進させたり、油断したりすると、

 子どもを轢いてしまうリスクがある。

4、敷地内に入られることがある。

5、ゴミを捨てられることがある。

6、学校に近いため、集まりやすいため、

 我が子の仲間が集まる場所になることがある。

7、校舎に近いと、家の中を覗かれる。

8、クラブ活動がうるさい。特に吹奏楽があると最悪。

9、生徒が運動場で遊んだり、運動会をする時、

 運動場の砂が、風によって、敷地内や車に積もる。

などなど、いろいろな欠点があります。

上記1~9を苦に思わないのであれば、買って良いと思います。

特に、なかなか土地が出ない地域で、「全ての条件が整っている土地」

なんてのは、ほとんど出ないので、妥協も必要と思います。

一方で、上記1~9を苦に思う人は、買わないか、あるいは、

1~9が緩和できような間取りや家を考えることが大切と思います。

よろしくお願い申し上げます。

大阪2階建て 防犯忍び返し


大阪の物件が、だいぶ出来てきました。

写真は、防犯用の忍び返しです。

(雨樋上部の1mほど黒くなっている部分)

忍び返し

泥棒・空き巣は、雨樋を登って、2階や3階に登り、

施錠されていない窓を狙います。

そのため、雨樋には、写真のような

忍び返しを付けておくと賢明です。

雨樋1本あたり、5000円ほどで、設置できます。

 

間取りは当然、大事ですが、このように、

家づくりにおいては、色々と考えるべきことがあります。

皆さんも、しっかり計画して、後悔なさらないようにして下さいね。

スカイプによる、家づくりセミナー


スカイプを使って、

家づくりセミナーを開催いたします。

【内容】 皆さんが実際に持っている疑問にお答えします 

*間取り、建材選び、デザイン、構造、業者選び、見積もり、

 契約、施工、その他、何でも、どんどんご質問ください。

【第1回】 2016年6月11日(土曜)正午~午後1時

【第2回】 2016年6月15日(水曜)PM8時~9時

【費用】 無料

【申し込み】  HPの問い合わせページ(右上にあるオレンジ色のバー)から、お申込み下さい。

 必要事項のほか、参加ご希望日時と、スカイプIDを、お書き下さい。

 そして、質問がある方は、内容を記載ください。

 

注1) スカイプが必要です。5分前~当時刻の間に、

 私のスカイプIDまで、「ビデオ通話」にて、発信ください。

 (顔が見えない施主様は不気味なので、必ずビデオ通話でお願いします)

注2) 質問が多すぎる場合は、次回のセミナーでお答えさせていただきます。

注3) 失敗というのは、結局、自分が知らないこと、自分の発想にないことが、失敗となります。ですから、自分の疑問を解決することも大切ですが、他人の質問を聞くことのほうが、さらに重要になります。

注4) こちらから、セールス・営業することはございませんので、

 安心してお申込みください。

 

86%もの施主様が後悔しているのが現実です。

家づくりとは、それくらい難しいものです。

数千万円という大金を支払う皆様が、後悔なさらないように、

「家づくりで失敗した」という人が、一人もいなくなるように

セミナーを開催していこうと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

富山 2世帯住宅


富山の2世帯住宅の設計が終わりました。

外観は、4種類、カラーリングしました。

富山物件お施主様が、「落ち着いた感じが良い」

というご要望だったので、

4種類とも、シックな感じにしました。

カラーによって、だいぶ感じが変わりますよね。

私は上の2つが好きですが、

皆さんは、どれが好きでしょうか?

 

消費税8%のうちに、家を建てるには?


来年(2017年)4月1日に、消費税が8%から10%に上がります。

家も同じで、完成が、来年4月1日を過ぎれば、10%が課税されます。

 

ですから、8%で建てるためには、

以下の2つのどちらかを選択する必要があります。

1、来年3/30までに完成させる。

2、今年(2016年)9月30までに契約を済ませる。

*こうすれば、完成が、来年4月1日を過ぎても、例外的に、

8%が適用されます。

 

今日は、5月16日です。

9/30の契約までに、4か月ほどしかありませんので、

いずれにしても、急ピッチで進まないといけません。

9/30といっても、8月~9月は、

多くの施主様が、ハウスメーカー・工務店に、一気に

集中しますので、超多忙になり、請けてもらえなくなります。

ですから、7月中には、契約できるよう進めたほうが良いです。

 

*以前の増税の時も、そうでした。

多量の施主様が一気に押し寄せたので、

HM・工務店はさばききれなかったのです。

 

*そして、1でも安心はできません。

以前の増税の時、施工数が多すぎたので、

突貫工事になっていた家が少なくありませんでしたし、

4/1までに完成させられず、10%を払った施主様が、

少なくなかったのです。

 

焦らせるつもりはありませんが、

「まだ4か月もある」なんて思わないで、

8%で建てたい人は、今すぐ動いてくださいね。

 

 

家づくりに関わる付帯費用


予算のことがよく分かっておられない施主様が少なくありません。

そこで、家づくりに関わる費用を述べたいと思います。

家づくりには、以下の費用がかかります。

  1. 1、土地代
  2. (消費税はかかりませんが、不動産業者の仲介手数料がかかります。
  3.  仲介手数料は、土地代×3%+6万円+消費税です)。
  4. 2、建築費(税抜き)
  5. そして、建築費以外に、以下3~10の「付帯費用」
  6. と呼ばれるものが、かかります。
  7.  
  8. 3、グレードアップ代
  9. 断熱材や屋根や外壁やキッチンや風呂や洗面台や床材
  10. その他全ての建材を良いものにグレードアップした場合、
  11. 当然、高価になります。
  12. グレード高い家を希望される施主様は、数百万円かけますし、
  13. 多い人だと1000万円とか2000万円かける人もいます。
  14. 4、カーテン・AC・照明
  15. 全てお持ちなら0円。
  16. 普通は最低数十万円~
  17. 5、地盤改良
  18. 土地によりますが、改良不要なら0円、
  19. 軟弱なら最低50万~かかります。
  20. 6、上下水道・ガス等々の引き込み・配管
  21. 敷地の広さにより50万~。
  22. 7、外構(カーポート・庭など)
  23. 土地の整地と、砂利くらいなら20~30万円。
  24. カーポートなどを作れば50万円~、
  25. 庭や外塀などまで作れば100万円~。
  26. 8、家具
  27. 全てお持ちなら0円。
  28. 普通は最低数十万円~。
  29. 9、上記にかかわる消費税
  30. 上記1~7すべてに8%が加算されます。
  31. 10、諸費用(登記、税金、地鎮祭、上棟費、引っ越し代)
  32. 50万円~

 

ですから、付帯費用として、最低数百万円、

下手をすると1000万円超のお金がかかるのですが、

多くの施主様は、

「総予算が5000万円で、

土地が2000万円だったので、

建築費は、3000万円かけられる」

などと勘違いしてしまう施主様が多いです。

 

しかし実際に建築費にかけられる額は、

2500万円などになってしまうわけです。

なお、これは、どこのハウスメーカー・工務店でやっても、同じです。

決して、「どこそこの工務店なら、付帯費用は不要だ」

なんて勘違いしないでくださいね。

家づくりには、消費税と付帯費用が、必ずかかりますから、

  1. その分をちゃんと見込んで、資金計画してくださいね。

UYDCオリジナル畳について


UYDCオリジナル畳は、

建築家である私・上田康允が開発した半畳サイズの畳です。

UYDC畳 ピンク色 o邸 新築時化学物質過敏症患者(CS)(軽度)である私の場合、

普通の畳を使うと、合板やポリスチレンフォームから

揮発する化学物質により、症状が出てしまいます。

そこで、化学物質のことや、

ダニの生態の仕組みを、詳しく研究し、

「こういう素材の、こういう構造の、こういう重量の畳が一番良い」

と、試行錯誤の結果、開発しました。

 

そして、住宅を供給している建築家としては、

「フローリングのような硬くて冷たい床ではなく、

柔らかく、冷たくない、人が座れる床がほしい」、

「イ草と藁でできた昔の畳は、ダニの棲家になるが、

 そういうことのない畳がほしい」

「現代の畳は化学物質を、多量に揮発するが、

 そういうことのない畳がほしい」

「デザイン的に優れた畳がほしい」、

「洋風住宅にもマッチする畳がほしい」

と思い、開発したものです。

 

CS患者であり、化学物質の専門家であり、

かつ建築家である私が今、考え得る最高の畳です。

そして、UYDC顧客の皆様には、大変ご好評をいただいております。

 

ご興味ある方は、是非お問合わせください。

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください