上田デザインコラボのブログ

千葉S様・外観パース


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

千葉S様邸の外観パースができました(*´▽`*)

S様邸 外観最終 2019.7.20

外観をデザインするときは、人をイメージすると、やりやすいです。
2階は上半身で、1階が下半身で、中間がベルトまたはバッグと、見立てます。
ですから、この家は、上半身に白シャツを着て、下半身は黒いズボン、そして茶色のベルト、ということになります(*´▽`*)

そして、縦張りか横張りかも、慎重に考える必要があります。
縦と横で、印象がかなり変わってきます。
今回は、いろいろと試作してみた結果、1階と2階は縦張りにし、
ベランダの上部は横張りで、下部は縦張りにし、これが一番優れたデザインになりました。
*縦張り、横張りについては以下参照
http://uedayasumasa.com/2018/04/19/%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a8%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0/

また、家は外壁だけでなく、屋根、ハフ、鼻隠し、軒天、サッシ、雨樋、ACダクト、
換気フード等々、いろんな部分がありますので、それらの色・位置・サイズ、等々も、
しっかりとコーディネートする必要があります。

そして、服や車と違い、家は40年後も50年後も存在しつづけるものなので、
いつの時代でも通用する、洗練された形状・カラーにする必要があります。

完成が楽しみです(*´▽`*)

古い旅館・別荘のリフォーム・再生術2


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

古い旅館・建物をリフォーム・再生するときのテクニック第2段です(*´▽`*)

前回は、カビのことを書きましたが、今回は、「虫」のことを書きますね。

人と虫は共生できません。
皆さん、アリやクモやムカデその他の虫がいるところで、寝ることができますか?
ほぼ100%の人が、「できない」と答えると思います。
ですから、人と虫は共生できないのです。

ですから、家・建物では、「人と虫は離さなければならない」、のです。

そこで大事になってくるのが、人と虫の間の「緩衝地帯」です。
人と虫の間に、緩衝地帯を設けなくてはいけません。

これが、「基礎」です。

基礎があることにより、虫が棲む「地面・庭」と、
人が住む「床」を、物理的に離すことができます。

であるのに、ここで、間違いを犯してしまう
建築士・施主が少なくありません。

住宅の場合は、失敗は少ないのですが、
旅館や別荘の場合、失敗してしまうことがあります。

旅館や別荘の場合、開放感を求めたいため、部屋から直接、庭に出られるよう、
客室の庭側を土間にする建築士・施主がいます。

これは一見、賢いようですが、実は、最悪の結果をまねきます。

こういう形状にすると、ほぼ間違いなく、
地面・庭にいる虫が、扉と土間を通り抜けて、
客室にぞくぞくと入ってくるのです。

結果、こういう設計の客室の床下は、
無数の虫の棲みかになってしまっています。

その虫たちが床下にいて、人のスペースに入ってこなければ、
まあいいかもしれませんが、ほぼ100%の確率で入ってきます。
なぜなら、「光」があるからです。

客室は当然、照明を点灯しますから、いつも光があります。
結果、その光を目指して、虫が集まるのです。

先日、山中温泉のある旅館に宿泊したのですが、客室に、大きなクモとこおろぎがいました。
こういう旅館は近いうちに経営難に陥るでしょうから、早急な改善が必要です。

話しを戻しますね。
家に土間をつくると、そこは、地面・庭に近いわけなので、虫が入れてしまいます。

ということで、古い旅館や別荘をリフォームするとき、あるいは新築時には、
◎ 土間はなるべく作らない
◎ 作る場合は、地面より出来るだけ高い位置に作る
◎ 土や樹木が多い庭なら、基礎は普通の2倍くらいの高さにする
ということが必要になります。(*´▽`*)

古い旅館・住宅のリフォーム・再生術1


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

古い旅館・建物をリフォーム・再生するときの、テクニックを書きますね(*´▽`*)

古い旅館・建物で、一番大きな問題は、
1、カビ臭

2、虫
です。

風通しのことを深く考える建築士や施主は非常に少ないため、日本の建物の多くが、風通しの悪い設計になっています。
その結果、多くの旅館・住宅・その他の建物は、築5~6年くらいから、カビ臭が発生します。
カビは、ものの表面に付くだけでなく、内部まで浸透するので、
表面だけきれいにしても、あるいは取り替えても、すぐにまたカビが発生します。
ですので、建材を根こそぎ取り替える必要があります。

そして、建材を根こそぎ取り替えると同時に、次の点に注意する必要があります。
1、湿気を吸わない建材を使う。
よく、「木や土壁や畳は、湿気を吸ってくれたり、吐いてくれたりする」という人がいます。
この言葉で、多くの人が、正しい考え方をできなくなっています。
「吸う」ということは、「その湿気が、その建材の中に存在する」ということです。
湿気を持った壁と、乾燥した壁では、数日放置すれば、湿気を持った壁だけが、カビます。

カビは、湿気があるから、発生するのです。
ですから、カビを発生させないためには、湿気を存在させてはいけないのです。
そのためには、湿気を吸わない建材を使うのが、当たり前なのです。

2、風通しの良い設計にする。
2003年までは、換気に関する建築法が無かったため、換気扇の選定は、とてもずさんでした。
結果、換気不足で、カビが生える家が多かったのです。

2003年に、建築基準法が改正され、全ての部屋に、換気扇を設置することが義務付けられました。
しかし、これがまた問題で、換気扇を設置したがために、多くの設計者・施主が、風通しのことを考えなくなったのです。
結果、昔も今も、風通しの悪い旅館・別荘・住宅だらけです。

地球には、「風」という素晴らしい恩恵があります。
風通しの良い設計にすれば、湿気は飛ばされてしまうため、カビなど生えないのです。

ということで、古い旅館や住宅をリフォームするとき、あるいは新築時には、
◎ 湿気を吸わない建材を使う
◎ 風通しがとても良い設計にする
ということを深く考え、リフォーム、新築してくださいね(*´▽`*)

次回は、「虫が入りくい設計」に関し、書きますね(*´▽`*)

大好きなイラストレーター・福浦路子さん


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「絵・イラスト」のお話しです(*´▽`*)

今から13年前、2006年に、上田康允デザインコラボのポスターを作ろうと思いました。
ネットでいろいろなイラストレーターを探したところ、福浦路子(みちこ)さんという人の絵が気に入りました。
早速、連絡をとり、ポスター制作を依頼したところ、快諾いただけました(*´▽`*)
パネル5%(福浦路子様作)

今、あらたに原稿を書いたので、また福浦さんにたのんで、挿絵を描いてもらおうと思っています(*´▽`*)

シックハウス・化学物質対策「初級編2」


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

シックハウス・化学物質対策「初級編その2」です(*´▽`*)

「初級編1」で、F4スター建材を、アルミ箔で包みました。
これで、下地ができたので、あとは「仕上げ」です。

現代の大半の家では、仕上げには、フローリングかクッションフロアか畳を使っています。

フローリングは、合板から出来ているものと、無垢のフローリングの2種があります。
合板から出来ているフローリングは、F4スター建材であり、化学物質が揮発しています。
一方、無垢は安全かというと、そう簡単ではありません。
なぜなら、表面は塗装されていて、それが化学物質だからです。
そして、塗装していないと、すぐに汚れてしまって、使いものにならないからです。

「イヤ、自然塗料もあるよ」という人は、また間違いです。
今の地球で、完全に無公害な塗料は存在しないからです。

話しを戻し、化学物質が多い順に書きますね。
1位、クッションフロア
同率1位、合板から作られているフローリング(現代の大半の家がこれです)
3位、無垢フローリングの塗装
4位、畳
*現代の畳は、中に、合板やポリエチレンフォームやウレタンフォームが使われていて、
これらは全て、F4スター建材ですので、化学物質の宝庫です。

化学物質が揮発していない建材は、ほとんどありません。
大半の建材から、化学物質が揮発しているのが現状です。

ですので、F4スター建材を使うなら、というか、現代は、使うしかないので、
それらは全て、アルミ箔で包み込むしかないのです。

なお、私が開発したUYDC畳は、ゼロではありませんが、
化学物質がほとんど揮発しませんので、
今回は、UYDC畳を敷きました。
*UYDC畳を敷いた状態
ろ3

これで、化学物質対策は、床だけは、ほぼ完ぺきになりました(*´▽`*)

次回は、「化学物質対策・中級編」(壁・天井)を書きますね(*´▽`*)

シックハウス・化学物質対策「初級編1」


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

シックハウス・化学物質の対策方法を書きますね(*´▽`*)

まずは「初級編1」です。

現代の大半の家では、あらゆるところに、F4スター建材が使われています。
これを、アルミ箔で包みます。
アルミ箔は、化学物質を通しませんので、これで化学物質を封止できます。

*床に、F4スターの合板が張られている。 ろ1 *これにアルミ箔を貼り付けました。
ろ2

これで、化学物質は封止されたので、床の部分だけは安心になりました(*´▽`*)

ちなみに、「この床の合板は下地だから、この上にフローリングを張るから、大丈夫だ」
という人がいたら、それはそれでまた間違いです。

理由1
フローリング自体が、合板で作られているから。
理由2
フローリング自体が、F4スター建材だから。

繰り返しますが、現代の大半の家で使われている建材が、F4スター建材なのです。
F4スター建材が、すでに化学物質の宝庫なので、包み込むしか手が無く、
そして、この方法こそが、最良の方法なのです。

シックハウス・化学物質対策の方法


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、シックハウス・化学物質のお話をしますね(*´▽`*)

大半のハウスメーカーでは、
「うちは建材はすべてフォースターを使っていますから、シックハウス・化学物質の心配は不要です」
などと言っていますが、これを信じてはいけません。

なぜなら、フォースター(正式名称は、F4スター)建材というのは、
「ホルムアルデヒド(formaldehydeフォルムアルデハイド)が基準値以下」というだけのことであり、
他の化学物質はなんら考慮されていない建材だからです。
F4スターなど、シックハウスや化学物質を考える上では、ほとんど意味のない建材です。
K7

F4スター建材には、「F☆☆☆☆」というマークが書かれており、 写真の建材も、F☆☆☆☆と書かれていますが、化学物質の匂いがプンプンします。
化学物質の匂い、というのは、たとえて言うと、新築の家の匂いです。
新築の家に行くと、新築の匂いがするでしょ。あれは、化学物質の匂いなんです。

新築の家に行って、「あ、新築の匂いがするー!」って喜んでいる人がいますが、
とんでもないことです!
新築の匂いがすれば、逃げないといけません!

化学物質を一定以上、吸い込むと、化学物質過敏症(CS)というとても恐ろしい病気になるのです。
化学物質過敏症は、現代医学では治せないため、たくさんの患者がいて、
皆、たいへん苦しんでいるのです。

ちなみに、現代の大半のハウスメーカーの家では、このF4スター建材が、
家のありとあらゆるところに使われています。
「F4スター」=「低化学物質」と、建築業界の大半の人、および大半の施主が信じ込んでいます。
その結果、数10万人のCS患者がすでに存在しており、今も毎日、新たなCS患者が増えているのです。
おそろしいことです。

皆さんは、世にある間違ったことは信じずに、賢く化学物質対策をしてくださいね(*´▽`*)

新築間取りの正しい考え方7「雨戸」


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第7弾です。

皆様、雨戸はどうしていますか?。
雨戸を付けないかたがいますが、雨戸は以下の理由で絶対必要です。

1、台風・強風
台風や強風のとき、雨戸が無いと、とても不安です。強風でものが飛んできて窓が割れたり、あるいは、屋根がぶっ飛んでしまう、ということさえあります。

2、遮光
雨戸は、日を防いでくれます。冬は日を入れて部屋を暖かくしたいのですが、夏は日が入れば入るほど部屋が暑くなってしまいます。カーテンやブラインドも日を防ぎますが、
データでは約80%の熱が入り、雨戸を設置はほぼ100%防ぐことができます。
ただ一つ問題があるのは、「外が見えなくなる」、「風が通らない」、ということです。

そこで、私は、ルーバー雨戸をよく使います。 *ルーバー雨戸
ルーバー雨戸半開

これは、雨戸がルーバーになっていて、閉めれば、完全な雨戸になります。
日を入れたくない夏は、全閉にすると、日が入りませんので、部屋の中が暑くならず、とても重宝します。 また、夜の防犯が必要なときも、全閉にします。
時期としては、夏と、夜に多用します。 *全閉
ルーバー雨戸 閉

つぎに、「少しだけ日を入れたい」、とか、「少しだけ外を見たい」、とか、「風を通したい」、というときには、半開にします。
風が通るので気持ちよく、かつ、屋外から室内はほとんど見えないのでとても重宝します。
時期としては、春や秋に多用します。 *半開
ルーバー雨戸半開

そして、「完全に日を入れたい」、とか、「完全に外を見たい」、とか、「風を通したい」、というときには、全開にします。
風が通るので気持ちよく、かつ、日がたくさん入るので部屋が暖かくなり、とても重宝します。
時期としては、冬に多用します。 *全開
ルーバー雨戸全開

雨戸は、あとからでも設置できるのですが、最初に付けておいたほうが割安に済みますし、最初から雨戸があるほうがそもそも便利です。
「明日、台風がくるから、今日、設置して!」と頼んでも、寸法計測・設置方法検討・発注・搬送納入・施工に最低10日はかかるので、対応できるハウスメーカーはゼロです。

雨戸は、できるかぎり、新築時・リフォーム時に設置したほうが賢いです(*´▽`*)

新築間取りの正しい考え方⑥どうしてもロフトを作るときは?


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第6弾です。

前回、「ロフトはデメリットが多いから、作るな!」とお伝えしました。
しかし、「どうしてもロフトを作らなければならない時」の、正しい考え方をお伝えしますね(*´▽`*)

ロフトを作る際、注意すべきことは以下です。

1、窓を付ける。
ロフトは風通しが悪いです。ほこりがたまりやすく、かならずカビが発生します。
そのため、必ず窓を付けてください。

2、換気扇を付ける。
「ロフトだから換気扇は不要」という人がいますが、全く見当違いです。
ロフトは風通しが悪いので、ほこりがたまりやすく、かならずカビが発生します。
そのため、必ず換気扇を付け、24時間換気することが大切です。

3、ロフト梯子はつけず、特注ロフト階段を作ってください。
*特注ロフト階段を上から見下ろした写真
DSC02412

前回お伝えした通り、ロフト梯子は危険ですから、絶対に付けないでください。
できるだけ、階段にしてください。階段は安全です。

では、なぜ、多くの人は、階段を付けず、ロフト梯子を付けるのか?
その理由は、ひとつは、「上記欠点を知らないから」、です。
そして、もう一つは、「安価だから」、です。
ちなみに、普通の階段は20万円ほどで、ロフト梯子は3万円ほどです。

そこで、特注ロフト階段を作ってください。
これなら、前向きで下りることができるため、安全です。
DSC02415

金額は10万円ほどかかりますが、身の安全を確保するためには、必要な額と、私は思います。

ロフト梯子で、足を滑らせ大怪我をして、治療費で本来不要なお金がかかり、長期間、仕事を休んで無収入になるより、
前もってお金を出し、安全なロフト階段を作り、怪我をしないで、一生健康でいられるほうが、はるかに大切なことです。

新築間取りの正しい考え方⑤ロフトは作るな!


皆様、こんにちは!
間取り先生(*´▽`*)です!

今日は、「新築間取りの正しい考え方」第5段です。

ロフトにあこがれる人が多いですが、ロフトを作るのはあまり良くないです。
理由は以下です。

1、暖房効率が悪くなるため、冬、部屋が寒くなる。
2、荷物の出し入れが面倒なので、荷物を入れっぱなしになり、荷物の出し入れをしないため、ほこり、かび、虫が増え、非常に非衛生的。
3、ロフトは天井高が1.4m以下と決まっています。そのため、10才くらいまでの子どもなら活用できますが、中学生以上になると、天井高が低いため、とても使えにくい。

多くの施主さまは、「ロフトは安価」、ということで、安易にロフトを作ってしまいます。
しかし、安価といっても、ある程度はかかるわけです。
そんなお金があるなら、そのお金で、普通の家具を買ったほうが、はるかに便利です。

また、ロフトを使う場合、ロフト梯子を使います。
これが、また、危険です。
とても不安定な体勢で、上り下りします。

階段というのは、本来、前に歩いて、上り下りします。
進む方向をしっかりと見ることができるため、「前に進む」動きが、一番安全なのです。

しかし、ロフト梯子は、降りるとき、お尻から降りる必要があります。
進む方向を見ることができないのです。
そのため、足を踏み外し、床に落ちる、という事故が、よくあるのです。

実際、私もそういう事故を起こしたことがあります。
それは、工事現場だったのですが、ロフト梯子を降りるとき、足を踏み外し、床に落ち、ろっ骨を骨折しました。
肋骨の骨折は、手術ができず、ただ安静にするのが治療法だそうで、実際、私は、2ヵ月もの間、寝たきりになりました。

ロフトはかっこよくて、あこがれる人がいますが、そんなお金があるなら、
家具を買ったほうが、はるかに便利であることを、お伝えしておきます。

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください