上田デザインコラボのブログ

施工監理が必要です


蕨市の物件で、基礎着工しました。

全体風景

すべての施工に共通することですが、職人さんが間違えてしまうことはあります。
人間は完璧ではありませんので、間違えてしまうことは、あって当然です。
そのため、「監理」が必要になります。

指摘部1
*上の写真が修正前で鉄筋が不足しており、下の写真が修正後で鉄筋を増やしました。
指摘箇所1の修正

建築家が入らない家づくりでは、この「監理をする人がいない」という状態なので、
施工ミスがそのまま修正されないことがありますから、注意してくださいね!(^^)!

測量おわりました


さいたま市の物件の、測量がおわりました!(^^)!

測量風景2

測量費用はかなり高価です。
たくさんの測量会社さまに見積もり依頼し、かなりお安く、
かつちゃんと仕事をしてくださる会社さまに依頼しました(←安いよりこれ大事)。
Hさま、Kさま、一生懸命仕事をしてくださり、心から感謝申し上げますm(__)m!(^^)!

栃木物件、完成しました!(^^)!


栃木の物件が完成しました!(^^)!

外観2修正済み

下の写真はLDKです。キッチン(左)は既製品ですが、机・本棚(右)は手作りしました。
家具同士、あるいは家具と建具は、同色で合わせることで、きれいに見えます。

LDK キッチンと造作家具

今回のキッチンと家具は、ウォルナット色にしました。この場合、
床までウォルナット色で合わせたいところですが、それはぐっと我慢して、やめましょう。
なぜなら、床までウォルナット色にしてしまうと、部屋全体が暗い雰囲気になってしまうからです。
そこで、雰囲気が陰気にならないよう、わざと赤みが入った床材を使いました。
結果、落ち着いた大人の雰囲気にしながらも、陰気さが感じられません。

他方、家具や建具を造作するときは、塗料に気をつけてください。
化学物質の多い塗料を使っているハウスメーカー・工務店がとても多いです。

地盤改良


蕨市の物件で、地盤改良を行いました。
地盤改良には、数種類がありますが、今回は「柱状改良」が適していたので、そうしました。

地盤改良(柱状改良)

すべての施工に共通することですが、職人さんが間違えてしまうことはあります。
人間は完璧ではありませんので、間違えてしまうことは、あって当然です。
そのため、「監理」が必要になります。

サイズがあっているか? 深さが合っているか? 等々をチェックしました。(下の写真)

地盤改良 径と深さチェック

建築家が入らない家づくりでは、この「監理をする人がいない」という状態なので、
施工ミスがそのまま修正されないことがありますから、注意してくださいね!(^^)!

外壁とシーリング


外壁は、サイディングが使われることが、圧倒的に多いです。
なぜなら、塗り壁は高価なので、庶民にはなかなか手が届かないからです。

サイディングを横方向に張るときは、シーリングが必要になるのですが、
これが結構目立つので、注意が必要です。(下の絵)

外壁とシーリング

サイディングの長さは3mなので、3mごとにシーリングをすることになり、
外観の見た目が悪くなります。

一方、サイディングを縦方向に張れば、これを避けることができ、
見た目を良くすることができます。(上の絵)

こういう細かなことに注意することで、おしゃれな外観を実現できます。

京都の外観スケッチ


京都市物件の外観スケッチができました!(^^)!

外観スケッチ2018.4.17

極力使いやすくなるよう、様々な工夫を盛り込み、快適な間取りを作りました。
結果、施主様は感激くださり、これで進めることになりました。

玄関正面に、カーポートを作り、降雨時、雨に濡れないで外出・帰宅できるようにもしました。
駐車場は、多くの施主が後悔する場所です(間取りアンケートでは、実に73%が後悔)。

施主様がこの家で幸せになってくれること、私もとても嬉しいです!(^^)!

蕨市の外観パースできました


蕨市物件の外観パースができました!(^^)!

蕨市外観パース2018.4.17

外壁はサイディングを使いますが、サイディングには、横張りと縦張りがあります。
サイディングによりますが、横張りだと、シーリングが目立つことが多いので、
今回は縦張りにしました!(^^)!

外観を考えるときは、外壁の柄・カラーをマッチさせるのはもちろんのこと、
サッシの色、破風の色、雨樋の色、ACダクトの色、等々、
すべてをマッチさせることが、とても重要です。

建築士の典型的な業務


さいたま市の物件で、「開発許可申請」、という業務をやっております。
調査や計算を主とする「まさに建築士らしい業務」です。

開発許可申請図

建築士になりたい人は、どちらかと言うと、間取りやデザインといった、
クリエイティブなことをしたい人が多いのですが、実際はそういう業務より、
このような「調査・計算」業務が多いです。

建築士資格を取得したものの、そういう業務ばかりで嫌になり、建築業界を
やめてしまう人は少なくありません。(建築業界では、間取りは建築士でなく、営業マンが作ります)

アップしたのは1枚ですが、実際には数十枚を作図する必要があり、少ししんどいです。
私もやはり、間取りやデザインといったクリエイティブな業務のほうが好きです!(^^)!

造り付けの家具


造り付けの家具が仕上がりました!(^^)!

造り付け家具

造り付け家具は当然、既製品より高価になりますが、
100%自由に作れるため、デザインさえ上手に作れば、
高級感のある良いものになりますよ!(^^)!

展開図を作らないから、失敗します


蕨市の新築です。
設計が終わり、そして解体が終わり、やっと着工です!(^^)!

図は展開図です。展開図を作らないハウスメーカー・工務店が大半ですが、 これが、トラブル・施工不良の大きな原因です。

展開図

家づくりでは、本当に多くの人が後悔しているのが現状です。
日経ホームビルダー誌のアンケートでは、実に、「86%が後悔」と回答しています。
後悔を避けるため、必ず、展開図を作ってくださいね!(^^)!

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください