建築士の仕事


「建築士は、間取りやデザインとは違う立場にいる」

と、いつもお伝えしています。

間取りやデザインは、感覚的な作業ですが、

本来の建築士の仕事は、もっと理論的なものです。

添付は、基礎伏せ図という設計図です。

基礎伏せ図基礎伏せ図を作る時は、

基礎を、どういう厚みにして、どういう高さにして、鉄筋は何ミリのものをどう組んで、

土台はどういう樹種をどこに配置して、大引きはどういう樹種をどこに配置して、

断熱材はどういうものを何ミリにして、落ちないようにどういう設置方法にして・・・

等々、とても細かなことをいくつも考える必要があります。

 

こういう作業こそが、建築士の本来の仕事です。

設計図だけを見れば、ただ単なる1枚の紙ですが、

これを作成するまでには、相当な時間と労力を費やす必要があります。

 

このように、建築士というのは、構造や申請のプロなので、

間取りやデザインといった感覚的なものは、建築士ではなく、

感覚的なことが得意なプランナーなどが、することになるのです。

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください