なかなか決断できない・・・それは予兆です


家づくりをしている中で、

「間取りはこれでいいのだろうか・・・」

「建材はこれでいいのだろうか・・・」

「依頼先はこれでいいのだろうか・・・」

と色々と悩み、もんもんとしたり、スッキリしない、

と感じる施主様が、たまに、いらっしゃいます。

そういう時、「もう、いいやっ!」と思いきってしまう施主様もいれば、

「いや、これは、何か悪い兆候では?」と思い、立ち止まる施主様もいます。

どちらが正解なのでしょうか?

私は、後者の施主様が正しいことが多い、と思います。

 

だいたい、「もんもんとする」とか「スッキリしない」というのは、

たいていは、直感です。

精神が敏感な人は、直観に優れています。

もんもんとしているのに、スッキリしないのに、

そのまま進むと、たいていは、失敗することになることが多いです。

 

私も直感が鋭いほうで、直観を無視して進んだ場合、

たいてい失敗しました。

「常識的には、これが正しいよな」と思って進もうと思っても、

心がもんもんとしたり、スッキリしないのです。

そこで、常識から外れていても、直観通り進むと、

結果、上手くいったことがほとんどでした。

 

家づくりにしても、何にしても、直観を大切に進むことが大切と思います。

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください