離島での家づくり


私は全国が業務範囲で、多くは本州から依頼をいただくのですが、たまに、離島からも、設計依頼があります。
離島の場合、本土から建材を輸送する必要があるため、建築費がかなり高価になります。

ある離島では、本土からほとんどの建材を輸送するため、その輸送費に、1500万円ほどかかります。
普通の家が2000万円なら、3500万円になります。

輸送費はどうしようもないので、仕方ないことですが、可能なら、少しでも安価になるよう、いろいろな業者に声をかけ、より安価に、より良心的にやってくれるハウスメーカー・工務店を探すことが大切と思います。

なお、本土では、競争がはげしいため、どこのハウスメーカー・工務店も、ある程度の技術をお持ちですが、離島では競争が少ないので、本土にくらべると、技術がやや低くなることがあります。
そこを補うためには、施工方法に関しも、契約書で取り決めることが大切と思います。

私の場合は、本土・離島問わずすべての物件に関し、良い設計はもちろん、良い施工となるよう、ハウスメーカー・工務店の契約内容まで精査して、家づくりを進めています。

離島で家づくりをご検討のかたは、ぜひお声がけくださいm(__)m
よろしくお願いいたします!m(__)m!(^^)!

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください