家づくりは、本来、ときめきの連続です


古い話ですが、1988年に、

ワーキングガールという映画がありました。

ある女性が努力して成功する、という話です。

素晴らしいサクセスストーリーで、

見ているほうも、心がときめきます。

また、挿入歌「let the river run」も素晴らしい曲で、

そのリズムに触れるだけで、心が躍ります。

 

86%もの施主が家づくりに後悔しているのが現実ですが、

本当は、全ての施主が、この主人公のように、ときめいて、

そして成功するのが、本当だと思いますし、

皆さんがそういう家づくりをされることを、心から願います。

歌:カーリー・サイモン

Let the river run
Let all the dreamers
Wake the nation
Come, the New Jerusalem

川を流れさせ
全てのドリーマー達に
国を目覚めさせる
来たれ、新たなエルサレムへ

Silver cities rise
The morning lights
The streets that meet them
And Sirens call them on
With a song

銀色の街が起き上がる
朝の光
通りが、彼らと出会う
サイレンが彼らを呼ぶ
歌とともに

It’s asking for the taking
Trembling, shaking
Oh, my heart is aching

興奮を求めている
がくがくし、ぶるぶるし
あー、私の心は疼いている

We’re coming to the edge
Running on the water
Coming through the fog
Your sons and daughters

私たちは、すぐそばまで来たよ
みなもを走り
霧の中を抜け
あなた(神)の息子たち・娘たちだよ

We the great and small
Stand on a star
And blaze a trail of desire
Through the dark’ning dawn

偉大で、かつ、ちっぽけな私たち
星の上に立ち
望みの軌跡に火をつける
暗くなる夜明けの中で

 

*セリフ(フェリーの中)

B:ハッピーバースデイツーユー♪ 

A:フッー

B:お祈りした?

A:ええ

Come run with me now
The sky is the color of blue
You’ve never even seen
In the eyes of your lover

さあ、一緒に走ろう
空は真っ青だよ
君は一度も見たことがない
君の恋人の瞳の中に

Oh, my heart is aching

あー、私の心は疼いている

We’re coming to the edge
Running on the water
Coming through the fog
Your sons and daughters

私たちは、すぐそばまで来たよ
みなもを走り
霧の中を抜け
あなた(神)の息子たち・娘たちだよ

Let the river run
Let all the dreamers
Wake the nation
Come, the New Jerusalem

*セリフ(通りを歩きながら)

A:ランチはムリよ。スピーチクラスがあるの

B:あなた話せるのに、なんでスピーチクラスを受ける必要があるのよ?

 ・・・いいわ・・・じゃあ、5時にピックアップするから、一緒に行きましょう

A:それもムリ!5時半から、成長市場セミナーがあるの

B:なによ!今日はあなたの誕生日よ! 1日くらい休んだって誰も困らないでしょ?

A:私のサプライズパーティは何時?

B:えっ?

A:カモ~ン!

B:いいわ・・・あなたを飲みに誘って、一緒に7時までに戻ることになってるの

A:わかった・・・じゃあ、早く切り上げて、7時15分に家に戻るわ。それでいい?

B:いいわ

A:ありがとうございま~す!

B:いいのよ

A:フフフッ♡

Let the river run
Let all the dreamers
Wake the nation
Come, the New Jerusalem

川を流れさせ
全てのドリーマー達に
国を目覚めさせる
来たれ、新たなエルサレムへ

 

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください