ドア?引き戸?


ドアにするか、引き戸にするかで、悩まれる施主様が少なくありません。

 

ドアの利点は、横を壁にできることです。

壁があるため、照明スイッチとか、コンセントを設置することができます。

また、壁がある、ということは、家が強い、ということです。

*家は、壁が多いほど、強くなります。

 

ドアの欠点は、引き代が必要ということです。

ドアを引く時、一歩、下がる必要がある、ということです。

一方、引き戸の欠点は、引き戸が引きこまれる壁が薄い=家が弱い、ということと、

照明スイッチやコンセントを設置できない、ということです。

 

他方、引き込み戸というのがあります。

引き戸を、隙間に引き込むタイプの引き戸です。

これの欠点は、引き戸が引き込まれるスペースに

入ったほこりやゴミを、掃除できない、というです。

 古い家では、よく虫の死骸が残っていることが多いです。

使いやすい間取りにするため、少なくない施主様が、

「全て引き戸にしてください」、と要望されることがありますが、

引き戸ばかりだと、照明スイッチやコンセントやリモコンを設置できず、

逆に、使いにくくなる、ということがあります。

 

利点欠点を知らず、自分のイメージだけで採用すると、

あとで、とっても後悔しますから、必ず、

その利点欠点を知ってから、計画してくださいね。

詳細はこちら

メールでの無料相談・お問い合わせはこちら

TEL&FAX 0749-20-1584 ※平日・土日祝問わず、お気軽にお電話ください